【コハタカラ】気になる子育て疑問解決サイト | こどものために知っておきたいこと

【コハタカラ】子育ての疑問を解決するサイト

子供でもダイエット?小学生の肥満をふせぐ5つのコツ

うちの子、普通よりも太っているのかな…そう思ったらまず「適正体重」を計算してみましょう。計算方法や、簡単に計算できるサイトをご案内します。少し痩せたほうがいいかも、と思ったら、子供に無理のないダイエットができるようサポートしてあげましょう。

お菓子を食べないのは一番ですが、いきなりお菓子を取り上げてダイエットが成功する例はなかなかありません。「我慢させすぎないダイエット」のコツをご紹介します。

>>> もっと詳しく

背を伸ばすために牛乳はたくさん飲んだほうがよい?

牛乳の栄養素といえばカルシウム。カルシウムは骨を丈夫にするために非常に重要ですが、それだけで背は伸びません。身長を伸ばす=骨を伸ばすためには、良質なたんぱく質が必要です。

牛乳だけで必要なたんぱく質を摂るのは難しく、栄養のバランスも崩れてしまいます。たんぱく質をたっぷり含む肉類や魚類、大豆製品、乳製品がお勧め。牛乳の飲み過ぎでアレルギーになることはある?骨粗鬆症の恐れは?などの疑問にもお答えします。

>>> もっと詳しく

いつもと違う子供の下痢…長引く下痢や頻繁な下痢の原因と解決方法は?

いつもより子供の下痢が長引く場合、「一週間」を目安として「食べ過ぎや風邪などによるよくある下痢」意外の下痢かもしれないと疑ってみましょう。

二次性乳糖不耐症(風邪の症状に続き、牛乳等に含まれる乳糖が消化できなくなる)や、食物アレルギーによる下痢、「過敏性腸症候群」(IBS)などが考えられます。アレルギーや過敏性腸症候群の場合、時間をかけての対応が必要です。「たかが下痢」と安易に考えないようにしましょう。

>>> もっと詳しく

うちの子はアトピーなの?アトピーとその他の皮膚炎の見分け方

さまざまな皮膚炎と「アトピー」の違いとは?「自分の子がアトピーなのか知りたい」という方のための、アトピーの基礎知識と、他の皮膚炎との見分け方。医師の診断の前にご家庭でもある程度の診断をし、いち早く適切な対応ができるようにしましょう。

「治ったり悪化したりが繰り返される」のがアトピーの大きな特徴です。一時的に肌が荒れているだけではアトピーと断定できないので、普段から肌の様子を見ておくことが重要です。

>>> もっと詳しく

保護者として知っておきたい!中学生のスマホのメリット、デメリット

中学生のほぼ半数がスマホを利用している現代、保護者はどんな知識を備えておくべきでしょうか。子供とスマホの上手な付き合い方や、まだスマホを持たせていないご家庭や、小学生がいる家庭の「結局、中学生にスマホを持たせてもいいの?」にお答えします。

あれもダメ、これもダメでは、親子関係はどんどん険悪に。ダメと言わなくても子供自身が使い方をコントロールできるよう、スマホを持つ前にたくさん話し合っておきましょう

>>> もっと詳しく


朝食を食べずに登校は避けたい!子供にきちんと朝食を摂らせるためには

体質の違いもあり、現在は「朝食は絶対食べるべき」という考え方ではなくなりました。

ですが、それでも朝食を食べておくことのメリットは大きなもの。昼食までにエネルギー不足になってしまったり、便秘がちであったり…そんな子供の場合は、朝食を摂るようにして一度しっかり生活のリズムを整えてみましょう。

ダイエットしたい場合には、むしろ朝食を食べるほうがお勧め。少しの量でも栄養たっぷりの朝食メニューもご紹介します。

>>> もっと詳しく

これってもしかしてアトピーの初期症状?悪化しないために日常生活で気をつけたい6つのこと

アトピーの初期症状とは?「アトピーかもしれない」という段階で、それ以上悪化させないための6つの対策をご紹介します。

花粉やホコリなどのアレルゲンを遠ざける、肌を保湿する、急激な体温上昇を避ける、物理刺激を避ける、生活のリズムを整える、アトピーに近い症状を悪化させないお風呂の入り方などをわかりやすく解説。

アトピーや皮膚炎の症状が浅いうちに「肌の痛みやかゆみで子供が苦しまないようにする」ことが大切です。

>>> もっと詳しく

子どもの身長を伸ばすために知っておきたい3つのこと

子供の身長を決めるのは、遺伝だけではありません。日々の生活の中でできる「子供の身長を伸ばす方法」を詳しく解説。栄養・睡眠・運動のトライアングルを重視することで、伸び悩んでいた子供の身長ももっと伸びるかも。

子供の成長期が終わる前に試しておくべきことを知りましょう。カルシウムだけでは足りない栄養、たんぱく質の重要性、良質な睡眠と運動、身長を伸ばす強力なサポートをしてくれるお勧めサプリもご紹介します。

>>> もっと詳しく

子どもの免疫を高めるために食事で気を付けたいこと&おすすめサプリメント

病気がちな我が子に、病気と闘う力、「免疫力」をつけるには?「うちの子はもともと身体が弱いから」と諦めてしまわず、免疫力を育てる食事やサプリメントで、子供の元気な毎日を応援しましょう。

糖質を摂りすぎないことや、体内の免疫細胞の多くが集中して存在する腸によい食事=よいお通じを保つ食事を摂ることも重要です。この記事では免疫力を高めるサプリとしておすすめの「乳酸菌サプリ」もご案内します。

>>> もっと詳しく

家族みんなで食べたい!安心できる生野菜おすすめ通販はどこ?

素材の味を楽しめるおいしい生野菜を食べたい!そんな時にとても助かるのが、野菜の通販です。近所のお店で買うよりもずっと新鮮で食べ応えのある野菜が、簡単&お得に手に入ります。

野菜嫌いの子供でも「これなら食べられる」というほどはっきりとした味わいの違いも。この記事では、ビオ・マルシェ、無農薬野菜はにーびー、北山農園の3社をピックアップ。お勧めポイントや、購入者たちの口コミに迫ります。

>>> もっと詳しく

小学生の水虫の予防と対策

長時間靴を履くことの多い現代では、小学生の水虫も珍しくありません。一度水虫になると完治までには長い時間がかかります。

「水虫かも」という症状を見つけたら、まずは足の皮膚や爪をチェック。本当に水虫であればどんな症状があるのかをご説明します。

水虫になりやすい環境(靴を履く時間が長い、家族に水虫の人がいるなど)であれば、予防に心がけましょう。洗濯は一緒でもいい?掃除は?など、具体的な予防方法を説明します。

>>> もっと詳しく

身長サプリって本当によいの?あまり意味はない?

「身長サプリは意味がない」と思っていませんか?身長を伸ばすには、ただ食べ物をたくさん食べればいいわけではなく、「必要な栄養」の摂取が必要です。

よく食べる子でも不足する場合があり、食が細い子供の場合はなおさらサプリを摂る意味があります。

身長サプリにはどんな成分が入っているのか、どんな成分が身長を伸ばすために必要なのかを解説。3つのケースから「うちの子にはどんなサプリがいいの?」の答えを引き出します。

>>> もっと詳しく

赤ちゃんの便秘の原因と対処法(0歳、1歳、3歳)

赤ちゃんの便秘の原因と対処法は、年齢に応じて異なります。動きや食べ物が違うため、それぞれに対応した便秘対策が必要です。

0歳なら、お腹に適切な刺激と水分補給を。お腹のマッサージや「肛門マッサージ」もお勧め。1歳なら、食事バランスを整え、ちょっとした運動を。まだ歩けない赤ちゃんでもできる運動があります。

3歳なら、生活習慣の見直しをしてみましょう。赤ちゃんのうちの便秘は少しの工夫で治しやすいものです。

>>> もっと詳しく

喘息持ちのこどもにおすすめの布団

喘息持ちの子供には、喘息が起きにくい、ダニやホコリなどのアレルゲンに触れにくい布団がお勧め。

「家庭で頻繁に丸洗いできる布団」が一番ですが、ホコリが立ちにくい布団や、湿気が溜まるのを防いで乾燥しやすい布団なども喘息っ子の味方です。

この記事では、ネットで購入できるお勧めの布団をご紹介(陽だまりの休息、ダニゼロック、アレルギークリアの3商品)。また、さらに喘息防止効果をアップできる対策もご説明します。

>>> もっと詳しく

思春期を迎えたら特に気を付けて!鉄分不足による貧血

しっかり食べているはずなのに顔色が悪い、いつもぐったりしている、疲れやすい…思春期に見られるこのような「元気のなさ」の原因は、鉄分不足による貧血が原因かもしれません。

思春期を迎えると、ぐっと必要量が増える鉄分。激しいスポーツを繰り返している子供、身体の成長が著しい子供、生理が始まった女子は特に要注意。鉄分補給を意識した食事を心がけましょう。

鉄分を多く含む食材は、ほうれん草以外にもたくさんあります。

>>> もっと詳しく

PTAって怖い噂が多いような…新一年生ママはどうすれば?

最近メディアにも多く登場する「小学校PTA」。ほとんどの小学校にある保護者と教員による組織ですが、参加・不参加の自由がない、役員の仕事が大変など、のデメリットばかりが注目されているようです。

本来、PTAは「児童の生活をサポートし、先生が業務に集中するための手伝いをする」という目的を持った大切なものです。事前に知識を持ち、「PTAってどんな感じなんだろう」という不安や疑問を解消しておきましょう。

「加入しない」という選択肢はあるのか、子供が入学する1年目はどうすべきか、忙しくても参加しやすい業務はどんなものがあるか、などについて解説します。

>>> もっと詳しく

 

元幼稚園の先生が伝えたい「こんな保護者に困っています」7選

元保育士が、保護者に気を付けてほしい、保護者として守っていただきたいと感じたことについて本音で語っています。

子どもたちが安心して園生活を送れるために、ルールや食事、モラルについて保護者が気を付けるべき点を7つピックアップして紹介しています。モンスターペアレンツにならないための心構えにも触れています。

>>> もっと詳しく